浮気調査

1・まず調査目的をお聞かせ下さい

浮気調査を行うに辺り、重要なのが調査目的です。
調査目的は大きく分けて次の2通りに大別されます。

・離婚はせずに、浮気をやめさせたい。
・浮気が発覚した場合は離婚したい。

この2通りのどちらかによって、調査方法や
収集する情報について内容が変化して来ます。

特に後者の場合、慰謝料請求や親権といった問題においては
浮気の確実性のみでなく、継続性についても証拠が必要となります。

証拠の撮影は最低2回は必要となるかと思います。

2・証拠と慰謝料、財産分与、親権について

証拠の内容で一番信用性が高い物は「浮気相手との映像」になります。
「異性とのホテルの出入り映像」「異性との宿泊を照明する映像」
浮気調査を行う上で最も重視すべき証拠です。

浮気の証拠がある事により、初めて「慰謝料」の話をする事が出来ます。
財産分与、養育費などに関しても、あなたが提示した金額を中心に考えて
話が進めれますので有利な展開で離婚が可能となります。

証拠が無い場合「慰謝料の請求金額が少ない」「貰えない」といった事例が多数あります。
「性格の不一致で」「○○が○○をしないから」など浮気の事実を隠し、弁護士などに相談・調停
浮気の被害者が、何の納得も得られないまま離婚となるケースが後を絶ちません。

確実な浮気現場の証拠が、あなたの財産と以降の生活を保障するのです。

あなたのパートナーは大丈夫?

行動の変化が感じられうなら一度お試しください。

「浮気チェックをする」←クリック