詐欺・悪徳商法被害の調査

詐欺・金銭トラブルの解決

騙し取られたお金を取り返す

振り込め詐欺
旦那が交通事故を起こした!いますぐ示談金を払えば拘置所は免れると警察官になりすまし、電話1本で騙し取る。
融資保証金詐欺
いくらでも融資が受けられると誇示し、審査と称して預かり金を騙し取る。
結婚詐欺
結婚するとほのめかし、親の入院費、会社の設立資金借金返済などと嘘をつき、払わせ続けた挙句、姿を消す。
現在の日本社会における詐欺の手口は、年々巧妙化し増加の一途をたどる。
当調査では、わずかな痕跡から姿をくらませた詐欺師たちを見つけ出し詐欺の証拠をおさえ、騙し取られた金銭を取り返します。(相手の痕跡や住所、電話番号など多くの情報があればあるほど早い解決が望めます。)
悪質商法で締結された契約を解除する
デート商法、マルチまがい商法、内職商法、資格商法、SF商法、原野商法など悪質商法の手口は巧妙化し、
その被害は後を絶ちません。
甘い言葉で誘い込み、断ればこの手あの手で契約を強要させる。
解約をしようとしたときには、すでに会社は行方不明。
当社は独自の調査とネットワークを駆使し、姿を消した悪質会社を突き止め当社提携弁護士の協力の下、
不当に結んだ契約を解約させます。

調査事例

ケース1: 結婚詐欺 ・融資、保証金詐欺
【依頼者】
28歳女性会社員
【依頼内容】
交際していた男性が突然行方をくらませた。彼には親の借金や
社の資金ということで○○○万円ほど貸していた。
結婚を誓い合った仲であった為借用書も書かず信用して貸していた。
騙されているのなら貸したお金を返金させて慰謝料の請求も同時に行いたい。
【調査結果】
男性の所在調査の結果とあるアパートで生活している事が判明。
彼の素性を調べ張り込みを続けるとそのアパートから妻らしき人物と子供が出て来た。
さらに調査を進めると女性は彼の妻であり、子供も二人いることが判明。
結婚詐欺であることが明らかになった。
依頼者と共に調査員が彼にこの事実を突き付け貸した○○○万円を全額返金する事と
慰謝料として○○○万円を支払う代わりにこの詐欺に対する告訴及び彼の家族に対して
他言しないことを条件に示談した。
ケース2:悪質商法
【依頼者】
70歳女性
【依頼内容】
先月依頼者が一人暮らしをするアパートに株式会社Aの営業マンが訪れふとんの訪問販売をはじめた。
最初は断ったが、あまりにしつこく帰ってくれず最後には怒り出したので恐くなり○○万円のふとんを契約してしまった。
後日、クーリングオフしようと会社に問い合わせたところ連絡がつかず契約書に記載されていた住所に訪れるともぬけの殻だった。
【調査結果】
調査の結果、社名と所在地、電話番号を変えて、活動をしていることが判明。
その証拠を元に当社提携弁護士の協力のもと、契約の解除をして、全額返金に至った。