盗聴器・盗撮器発見調査

増え続ける盗聴・盗撮被害

盗聴器・盗撮器による被害は年々増加しています。
というのも、盗聴器・盗撮器の販売台数が年を重ねるごとに増加し
現在では年間約32万台以上もの機器が流通しており
また、盗聴器・盗撮器自体のハイテク化も進んでいるためです。
・誰も知らないはずの事を他人に知られていた
・友人との電話の内容が知られていた
・企業の内部情報が何故か外部に漏れていた
・知られないようにしている行き先が他人にばれていた
盗聴器・盗撮器の被害の種類、被害者の年代性別は多岐に渡ります。
また、日用品や道具に偽装した盗聴器・盗撮器や周囲の音や動きを
検知していない状態では
電波を発しない物、充電式や電池などでは
なく巧みに電源から常時電力供給を行い半永久的に盗聴・盗撮を行
う物
など、盗撮器・盗聴器自体にも多くの種類があり素人目には発
見が非常に困難となっています。
盗聴器・盗撮器の発見調査に際しましては、被害が疑われる部屋で
電話や会話は極力避けて頂きます様お願い致します。調査員も、
現地ではホワイトボードなどでの筆談により調査を進める等の配慮
を致します。