オリンピックと探偵

こんにちは。

東京オリンピック2020の開会式も終わり、安部選手らの金メダルの話など

明るい話が増えている中、コロナウイルスの感染者数も増えていますね。

メディア関連はオリンピックのニュースにコロナのニュースにと事件事故の

ニュースをする暇が無いくらい情報公開する事が多い日本。

こんなときに離婚の報告をした市村正親氏と篠原涼子の話題は盛り上がらない。

なんといいタイミングでしょうか。と思いました。

悪い話はいい話が盛り上がる前に出して消えてしまう。

これを狙っていたような気がします。

しかし、この二人の年齢差は25歳。

ここまで離れた夫婦が15年続いてたことが素晴らしいとは思いますが、

終わり方が悲しいですね。

72歳の市村氏が親権をとなると、探偵目線で言えば「篠原涼子氏に問題あり」と

判断してしまう。

基本的に親権は母親が優先される日本。

ここで72歳の高齢男性が親権とは裁判所は判断しない。

篠原氏が放棄するから市村氏に認められる親権だと思っていいと思います。

てことは、篠原氏は離婚と親権どっちを選ぶかで「離婚」を選んだかもですね。

よほど、二人の関係に亀裂が入っていたのではないかと推測します。

でも、離婚をしても二人の子供であるのは変わらないのでしっかり両人で

協力し合ってほしいですね。

お子様には何も責任はないでしょうから。

探偵をしていると色んな家庭をみます。

どの家庭が正しいとは言えませんが私がいい家庭と思えるのは

みんな笑顔で集合写真を毎年撮れる家庭かなって思います。

依頼者に聞くと意外と「写真最近撮ってないんです」が多いんですよ。

あなたの家庭はどうですか?

私も人事ではありません。
家族の小さな積み重ねもだいじですね。
今こんな気持ちでブログ終わらせます。

それでは、また書きますね。

浮気やトラブルでお悩みの方、絶対ちゃんと解決しますね!

宮崎女性探偵社をよろしくおねがいします。

関連記事

  1. DV被害と対策

  2. もくすぐ秋ですね

  3. 浮気調査のご相談

  4. 宮崎の探偵へご相談は

  5. 緊急対応

  6. 調査のご意見